丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム

丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム フィールドミュージアムとは

トップ > フィールドミュージアムとは

「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」は、兵庫県篠山市と丹波市に広がる「篠山層群」とその周辺一帯を舞台とする、遊んで学べる「野外博物館」。

この地域は、丹波竜が発掘された篠山層群、あるときは日
本海側・あるときは瀬戸内海側に流れるなど変化して作ら
れた川代渓谷、そこで得られた岩石で作られた篠山城石垣
や農業用井堰、そして一帯に広がる豊かな農村風景など、
1億1千万年前から今の時代まで繰り広げられきた大自然
と生命の営みを感じ、体験することが出来る希少なエリア
です。

川代渓谷

野外博物館として、エリア内に立地する各施設における展示やイベント、それぞれの見どころでの景色や体験を通して、感動と学びを得ていただけるよう工夫を凝らしています。

春~初秋はバーベキューや川遊びにキャンプ、ハイキング、城下町巡り、秋~冬は黒豆、猪肉、鹿肉と併せて楽しめる「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」に是非お越しください!

※野外博物館とは、屋外にある“見たり触ったり体験して学ぶことに主眼を置いた博物館のことです

フィールドミュージアムの楽しみ方!

丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムでは、野外博物館として皆様に楽し
く「大地と暮らし」への学びを深めていただく為、スマホを通して、目の前に
広がる篠山層群を舞台に、もうひとつの「経験」をしていただく仕掛けを用意
しています。

仕掛けと言っても簡単!みどころスポットにある看板のQRコードを読み込むだ
けの簡単な方法です。お子様には周りの大人の方々がスマホでチェックして、
お子様との会話にお役立てください。
地学や化石、古生物。お子様の科学心を養う助けになるかもしれませんよ。

フィールドミュージアムの楽しみ方
  • 太古の生きもの館
  • ちーたんの館
  • 元気村かみくげ
  • 篠山チルドレンズミュージアム
  • 人と自然の博物館

当フィールドミュージアムはエリア全体および上記の主な関連施設や協力団体によって構成されています。

フィールドミュージアムで感じる時間の旅

地層から広がる地学的探究は、46億年という地球の時間に至る思索をもたらします。
恐竜化石のような古生物の世界は、数百万年から数億年単位。
一方で、露頭のある川代渓谷を形づくったのは、数万年から数百万年の時間単位です。
そして、その上で暮らしてきた人類の数百年から数万年という歴史。そこに立つ「あなた」という一人の人生の時間。
丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムは、こうした多様な時間感覚を養い、地球や生命、社会を考える力を身につ
けていただく場でありたいと願っています。

フィールドミュージアムで感じる時間の旅

地球が誕生した約46億年前から現在までを1年間であらわしました。
※国際層序委員会(ICS)の地質年代表(2017年2月版)を元に作成。
下記の年表にてご覧ください。

地球と人のいとなみ年表
地球と人のいとなみ年表(PDF)を開く

フィールドミュージアムを支える人々

博物館の立場から、あるいは地域の立場から、はたまた、クリエイターとしての立場からなど、丹波地域恐竜化石
フィールドミュージアムは様々な立場の人達に支えられて、企画運営が進められています。

アクセス

車でのアクセス

大阪・神戸方面から舞鶴若狭道(中国自動車道吉川
JCTから)経由、丹南篠山口ICまで約1時間
京都方面から国道372号経由、京都市から約1時間

電車でのアクセス

「丹波並木道中央公園」へは、丹波大山駅
「丹波竜・卵化石発見現場」へは、下滝駅
「ちーたんの館」へは、谷川駅
JR大阪駅から福知山線で約1時間

拠点間の移動時間(車)

丹南篠山口IC → 10分 → 丹波並木道中央公園 → 15分 → 川代公園~丹波竜発見現場 → 10分 → ちーたんの館

ページの先頭へ