丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムの見どころスポット

地図のアイコンをクリックして詳細情報をご覧ください。

丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムエリア内の施設

「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」は、兵庫県の丹波篠山市と丹波市に広がる「篠山層群」と呼ばれる地層及びその周辺一帯が舞台です。

丹波篠山市にある「太古の生き物館」、丹波市にある「丹波竜化石工房ちーたんの館」、篠山川沿いに位置する2つの施設は丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムのエリア内にあるコア施設として、「川代ラインパーク」の拠点となっています。


丹波篠山市立 太古の生きもの館

 


丹波市立 丹波竜化石工房 ちーたんの館

 

ラインパーク上にある「川代公園」「元気村かみくげ」「丹波竜化石発見現場」などのサテライト施設も、丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムに関連する取り組みの舞台となっています。

川代渓谷ラインパーク

フィールドミュージアム内の川代渓谷沿いのエリア。

2019年3月に川代トンネルが開通し、川代渓谷沿いの旧道をウォーキング、サイクリングしながら景観を楽しめるようになりました。

川代トンネル開通記念ウォークイベントのレポートはこちら

川代渓谷ラインパークドローン空撮イベントのレポートはこちら

川代渓谷ドローンイベント入賞作品

一位・丹波県民局長賞 を受賞したのは、フォトグラファーの梅津まいさんの作品

丹波地域恐竜化石フィールドミュージアムの名所百景

篠山層群と共に暮らしてきた人々だから知ってる名所の数々。


憩いの場/空き地

 


パーク沿いのお店

 


駅舎探訪

 


檜皮の里を尋ねて

 


行き止まりを探して

 


土木を探す

 


川代からの見晴らし

 


色の見える風景

 


サウンドスケープ

 


橋のたもと

 


川代渓谷風景ハンティング

 

アクセス

イベント毎に開催場所は異なります。
必ずイベントページをご確認ください。

車でのアクセス

大阪・神戸方面から舞鶴若狭道(中国自動車道吉川
JCTから)経由、丹南篠山口ICまで約1時間
京都方面から国道372号経由、京都市から約1時間

電車でのアクセス

「丹波並木道中央公園」へは、丹波大山駅
「丹波竜・卵化石発見現場」へは、下滝駅
「ちーたんの館」へは、谷川駅
JR大阪駅から福知山線で約1時間

拠点間の移動時間(車)

丹南篠山口IC → 10分 → 丹波並木道中央公園 → 10分 → 川代公園~丹波竜発見現場駐車場 → 10分 → ちーたんの館